洗顔フォームと洗顔石鹸は違う?

売り場などでよく見かける洗顔石鹸と、洗顔フォームは、一体どう違うのかご存知ですか?名前も用途も似ていますし、そんなに違いがないように思われるかもしれません。しかし洗顔石鹸と洗顔フォームにはきちんと違いが存在しますので、自分の肌に合わせてどちらかを選ぶようにした方がよいでしょう。
ここではそれら二つの違いについて、紹介していきます。

★洗顔石鹸と洗顔フォームの違いについて
洗顔石鹸と洗顔フォームを、刺激という観点からみると、洗顔石鹸の方が刺激が少ないといえるでしょう。泡立てネットで両方を泡だてると洗顔フォームの泡立ちは非常によいため、肌に優しい気がするかもしれませんが、長時間続ければ皮脂などが落ちやすいので乾燥を招きます。乾燥肌や肌トラブルになるおそれがあるといえます。

洗顔フォームは合成界面活性剤を含んでいることが多く、洗浄力が強いのです。
肌への負担を考えると、界面活性剤フリーのものを選ぶとよいでしょう。
一方、洗顔石鹸は界面活性剤を使っていないものが多いですし、天然植物が主成分の場合が多くなっている分、肌に優しいといえるでしょう。
洗浄力はその分、洗顔フォームよりは弱くなってしまいますが、デリケートな肌には洗顔石鹸の方がいいといえます。

洗顔フォームの長所は、泡立ちがよいこと、チューブ容器なので保存もききますし、持ち運びにも便利です。
それぞれの違いと、長所と短所を考えれば、どちらが自分の肌に合うか、またTPOに応じて使い分けることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>