内臓不調、肝臓不調もニキビの原因

時期によってニキビが出来やすくなったりしませんか。
洗顔も肌のケアもしっかり行っているはずなのに、なぜかニキビが出来てしまう、という場合、内臓の不調が原因であることも考えられます。

ニキビができる場所により、内臓のどの部分が不調であるのか見当をつけることができます。
ニキビができてしまった場合、内臓の状態に耳を傾け、内臓の健康を維持するようにつとめましょう。

・おでこや生え際、眉間のニキビ
おでこや髪の生え際などにニキビができてしまったのであれば、胃腸の調子が悪い可能性があります。
糖分の摂りすぎであったり、睡眠不足が原因となっていることが多いので、バランスの良い食生活を心掛け、なるべく胃腸を休ませるようにしてください。
胃腸の不調を感じないのであれば、ホルモンバランスの崩れや皮脂の過剰分泌が原因と考えられます。
また、前髪などが肌を刺激していることも原因となることがあります。

・頬
頬にニキビができた場合、胃腸や肝臓の調子が悪い可能性があります。
また、便秘に悩まされている方は、便秘するように心がけましょう。

・鼻や小鼻
鼻の周りのニキビは、内臓に原因があるのではなく、皮脂が十分に落とせないことが原因と考えられます。
洗顔時には鼻周りの皮脂や汚れを落とすよう意識してください。

・口周りとあご
口周りやあごのニキビは、胃腸の不調が原因かもしれません。
ストレスが溜まったり、糖分を摂りすぎた場合、口周りやあごにニキビが出来やすくなります。

ニキビは肌の表面に出来るため、外から肌をケアすることにばかり目が行ってしまいがちですが、ニキビの原因には内臓の不調も考えられますので、内臓のケアも怠らないようにしてください。
内臓の調子を整えると、ニキビ改善ばかりではなく、身体全体の調子がよくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>